スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の動画流出

尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を海上保安庁が撮影したビデオと思われる映像が何者かによりYouTubeにアップされちゃいました。


スポンサーサイト

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

WHOと喧嘩した現代の侍

日本にもまだ、気骨な侍が居たんですね。
彼の名前は、根路銘国昭(ねろめ くにあき)
生物資源研究所 所長
http://www.bio-portal.jp/2006/08/post_5.html

彼の簡単な経歴を紹介します。
----------------------------------------------------------
1939年、沖縄県生れ。65年、北海道大学獣医学部卒業、66年、国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)入所。78年に日本を襲ったスペイン風邪ウイルスのルーツの解明、人工膜ワクチンの開発、カイコを使ったワクチン大量生産法の確立など、業績多数。同研究所呼吸器系ウイルス研究室室長、WHOインフルエンザ呼吸器ウイルス協力センター長などを経て、2001年より現職。著書に『ウイルスで読み解く「人類史」』(1995年、徳間書店)、『インフルエンザ大流行の謎』(01年、日本放送出版協会)、『出番を待つ怪物ウイルス 彼らはすぐ隣りにいる』(04年、光文社)など多数。
----------------------------------------------------------
『こだわりアカデミー』より引用


事の始まりは、WHOに対して彼が出した一通の抗議文からはじまった。その経緯と結末を下記に引用します。
----------------------------------------------------------
1993年、日本にアジア太平洋地域インフルエンザ・センターが作られた。

それまでアメリカ、イギリス、オーストラリアにしかなかったセンターが
日本に設置されることになったのは、なぜか。

インフルエンザ・ワクチンは、毎年、WHOの専門家会議で、データをもとに今年流行しそうな
インフルエンザを決定し、それに基づいて製薬メーカーがワクチンを作っている。
それまで日本はその元になるアジア各国の膨大なデータを収集し
WHOに送付する仕事だけをやっていた。

担当していた根路銘国昭氏は、これだけの仕事をやってるのに、
日本にインフルエンザ・センターがないのはおかしいとWHOに手紙を書いた。
それに対する返事は
「WHOも国連の安保理と同じで第二次大戦の戦勝国で構成している。
よって日本は入れない。」というものだった。
彼はさらに抗議の手紙を送ったが返事は同じ。
それどころか、WHOに批判的人物として、彼と日本に対し冷淡になったという。

ここで普通の日本人ならどうするだろうか。
なんとか謝罪して、今までどおりの扱いにしてもらおうと努力するか、
そもそも抗議など最初からしないかもしれない。

だが根路銘氏は違った。
なんと、日本が集めていたアジアのデータを1年間、WHOに送るのをやめたのだ。
インフルエンザの大半はアジアから発生するから、そのデータがないと
ワクチンが作れない。WHOは大騒ぎになったという。

そして翌年、根路銘氏にWHO専門家会議への招待状が来た。
その会議で、日本にアジア太平洋地域のインフルエンザ・センターを
作ることが決定され、彼が初代センター長に就任することになった。

こうしてインフルエンザセンター長になった根路銘氏だが、
WHOはアメリカの製薬メーカーの意向を受けた学者が力を持つ世界だった。

1993年フランスで開かれた国際会議で、アメリカが新開発した
生ワクチンを、まず日本で使うべしという議題があがった。
日本は生ワクチンの効果には疑問をもっていて既に使わなくなっていた。
根路銘氏は、「日本を実験台にして、うまくいけば各国で使うつもりだろう」
と感じたという。
その会議には日本の学者も数十人参加していたが誰も反対しなかった。

根路銘氏ひとりが、「日本は先進国であり、ワクチン政策に君たちの指導を
必要とする国ではない」と反論した。
そこでアメリカの学者に、君たちのデータをOHPで映してほしいと頼んだ。
そして日本のデータと比較すると、日本のワクチンの方が明らかに効果があるとわかり、他の学者からも「ネロメの方が正しい」
と意見があがった。
こうしてこの議題は流れ、日本人がモルモットにされるのを防いだ。

根路銘氏はこうも言っている。
「この会議の後、対立したアメリカの学者とすごく仲良くなった。日本人同士だとこうはいかない」

またジュネーブのWHO本部で12人の専門家によるワクチン決定の投票において、
アメリカのワクチン11票、日本のワクチン1票でアメリカ製に決まった。
もちろん1票は根路銘氏のものだ。根路銘氏は科学的に見てこの結果はおかしいと
閉会30分のコーヒーブレイクのときに、2日間の討議で使った110カ国のデータを
つき合わせてコンピュータにかけた。するとアメリカ製は日本の半分しか効果がないと出た。
彼はこの結果を見せて、居並ぶ学者たちに
「君たちは政治家か、科学者か。科学者ならこのデータをどう見る」
と問いかけた。すると議長がテーブルを2回たたいて
「私の判断で採決を取り消します。ドクターネロメが提案した日本の意見に従います」
と結果をひっくり返した。「まるで映画のようだった」と根路銘氏は言う。
----------------------------------------------------------
2004年の週刊ポストより

感動です(^-^)//""パチパチ

それにしても、アメリカの科学者は無能というか政治色が強いと言うか。。
実際のところ、1918に流行したインフルエンザでは予防接種したいた人の方が死亡率が高かった。
そして、アフリカでエイズ感染が拡大したのは、WHOが実施した天然痘ワクチン接種の中に故意にエイズウイルスを混入していたからといったこともありました。
この種痘計画が完了した直後にアフリカとブラジルで急速にエイズが広がり、その感染が最も広がっている地域は予防接種が徹底的に行われた地域と一致しているし、WHOのアドバイザー自身がニューヨークタイムズ紙上でその事実を暴露もしている。
(因みにSARSもアジアに散布した事をWHOの関係者が認めてます)

アメリカとWHOがグルになり、人口選別削減を図っているのかアメリカ大手の薬品会社を設けさせる為に行なっているのかは、私には分かりませんが、なんとも訝しげな話しです。
(ラムズフェルドさんは笑いが止まらないのでしょうね)
ちなみに、元国防長官ラムズフェルドはタミフルを開発したギリアド・サイエンシズ社のCEOでした。(現在は大株主だった気がします)


因みに、今回話題になっている豚インフルエンザで死なない方法があるとしたら、秋から冬が終わるまで一切外出しないか、弱毒の内に感染/発症し体に抗体を作っておくのが一番だと、エライ学者が言っていたのではなく、僕が言いふらしていますww

テーマ : 愛国心
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

Author:uzi777
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。